パチンコ・パチスロの個人攻撃 遠隔操作されても勝つ方法

パチンコ屋閑古鳥

コメント欄参照
【おすすめ書籍】 
「賭博場」で放置され、壊れる人々を追う渾身のルポ。ギャンブル依存症が拡がる中で、その対策をどうするのかも提示。
打ったらハマるパチンコの罠(part 1)増補 ギャンブルで壊れるあなたのココロ [ 若宮健 ]

「鉄火場」では日々巨額のカネが動く。
その市場規模は米カジノ産業をはるかに凌ぎ、自動車などの基幹産業にさえ匹敵する。

しかし、位置付けはあくまで「ギャンブルではなくレジャー」 無数のアリがたかり結果的に割りを食うのはファンである。

「業界関係者」に直撃取材。

パチンコ産業に潜む「闇」を浮き彫りにする。
パチンコ「30兆円の闇」 (小学館文庫) [ 溝口敦 ]

1台5万円で設置される「バレない」「格安な」遠隔操作システムから、サクラの大量投入

賞球カット、偽イベント、1回の講義が4万円もするインチキセミナーに、ネット上で氾濫する偽攻略法まで。

まっとうな客だけがバカを見るパチンコ業界のからくり全暴露!
パチンコのタブーDX
パチンコのタブーDX

「20兆円産業」と呼ばれるパチンコ業界 その売上は、パチンコファンの「負け」で成り立っています。

ニセのイベントで客を煽って稼ぐホール、ゴト行為に加担する従業員、ウソだらけの攻略法……。

さらに、同じ客の中に犯罪集団が紛れ込んでいることも。

ホール、客、店員、攻略法、メーカーのコワ~い話を徹底取材。
業界とホールのコワ~い裏側を知って、それでも“打ちに”いきますか?
コワ〜いパチンコ店の話 /コワ~いスロット店の話 [ 別冊宝島編集部 ]
コワ〜いパチンコ店の話 (宝島SUGOI文庫)
コワ~いスロット店の話 (宝島SUGOI文庫)

パチンコ・パチスロの個人攻撃 遠隔操作されても勝つ方法

昔、知人からパチンコ・パチスロの個人攻撃 遠隔操作されても勝つ方法を聞いたことがあり 実践したことがあります
確かに勝率は良いですし、個人攻撃を回避出来たので楽しかった思い出があります

 

 

しかし、その方法もいつかは手詰まりになります
それは知人数名と初めて行くパチンコ・スロット屋に行き、他人のふりしてオカマを掘らせる方法です

 

 

 

初めて行く店に通い始めて数日は店内徘徊や、休憩所があれば休憩し
お店の出玉確認、客層確認などをします

 

 

 

勿論、知人とは時間をずらし、全くの他人のふりをします
徐々に行く回数を増やして、2,000円で止めたり5,000円で止めたりします
そうすると不思議な事に次回から低投資で当たりを引く事が出来ます

 

 

 

勿論、自分の引きが強いとかではありません
【 出 し て も ら っ た の で す 】

 

 

これで完璧にパチンコ屋のデーターベースに登録された事を確認します
ここからが問題です

 

 

パチンコ・スロット屋はあくまでも商売です
ボランティアでやっているわけではありません

 

 

パチンコ・スロットで当たりを貰う事は【餌付けです】
激しい音と強烈な光と、そして出玉・・・

 

 
こうなると普通の人間は完璧に脳が麻痺してしまいます

何万、何十万もお金を入れても当たりはもらえません
でも両隣や、真後ろ等 自分の台の近くで爆出しします

 

 
もっと酷いのは、自分が何万 何十万も使って当たりを貰えなかった台を退くと
次に座った人が爆出しします

 

 

勿論、その人の引きが強いとかではなく
当たりを貰っているのです

 

 

当然、さっきまで自分が大金を投資した台が爆発しているのを見ると気分は良くありません
逆に、少しでも取り返したい、そう思うはず

 

 

それはそう思うように仕向けられているのです
もう一度言うようにパチンコ・スロット屋は商売です、ボランティアではありません

 

 

家賃・電気代・水道代・人件費・台の購入費
毎月、数百万から数千万は支払です

 

 

ここで作戦実行です
他人のふり作戦です

 

 

まず、何でもいいので打ちます
勿論当たりは貰えません

 

オーバーアクション気味に髪の毛を掻き毟ったり、頭を傾げたり、イライラをあからさまにします
(誰かがどこかで見ているので)

 

 

知人と時間を予め決めておき、その時間になったら退きます

 

すぐさま知人(他人のふり)が座ります
打っていた本人はその隣か真後ろで打ち始めます
(打つふりか、説明書を熟読して時間稼ぎをする)

 

 

すると低投資で他人(知人)が当たりを貰えます

信じるか信じないかはあなた次第

コメント

タイトルとURLをコピーしました